ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 北海道に行こう(2) | main | 北海道に行こう(4) >>
2014.08.04 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.07.28 Monday

北海道に行こう(3)

歴史ある建物が並ぶ大正硝子のとんぼ玉館に入ると色彩豊かなで綺麗なガラス細工が販売されていました。

店内でのんびり見てると若い店員さんから、とんぼ玉を作ってみませんかとお誘いを受ける。
もちろん体験ごとが大好きな娘と妻は大きく頷き、やる気満々モードに突入のふたり・・・

良い機会なので、小樽の工芸品のひとつでもあるとんぼ玉の制作を妻と娘が体験することになりました。
まずはどんな種類のとんぼ玉を作るのかを決める。それによって難易度も違ってくるとか・・・
ガラス棒とバーナーの使い方のレクチャーを受けてから、さあ、とんぼ玉の制作体験のはじまりです。

優しく丁寧に教えてくれる店員さんのもと、かなりの真剣モードに入っている娘と妻です。
普段できない体験を通じて、モノ作りの楽しさなどを学べる環境は本当に良いものです。
こういう時ってカメラを構えているボクも自然と真剣モードになってしまうね。

他のお客さんもふたりのとんぼ玉作りをガラス越しに楽しそうに見ている。
バーナーから出る火にガラス棒を当てながら、クルクルゆっくりと回していくと・・・
だんだんと美しい玉状となって、とんぼ玉のソレらしく変化していきます。

娘の隣では妻も真剣にとんぼ玉制作に取り組んでいます。
さすがにごはん時に飲んだ地酒の飲み比べの酔いも一気に覚めた感じだな・・・

無事にとんぼ玉の形成が終了・・・あとは40分ほど冷やして、ストラップを付けて完成となりました。
ふたりの作ったとんぼ玉の写真をその場で撮るのを忘れた。とりあえずふたりとも上手く作れました。

※1-5>PENTAX K-5 SIGMA18-50mm
2014.08.04 Monday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR